青森港新中央埠頭の岸壁延伸工事の完了をテープカットで祝う関係者
岸壁を80メートル延伸した青森港新中央埠頭。手前側が延伸部分

 青森市の青森港新中央埠頭(ふとう)の岸壁を延伸する工事が完了し28日、現地で完成式典が行われた。これまで280メートルだった岸壁の総延長が360メートルに延伸され、中心市街地に近い同埠頭に、総トン数13万トン級の大型客船の接岸が可能となった。関係者たちは大型客船の入港増加による地域への経済効果拡大を期待している。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)