東通原発の停止期間が長期化する中、東北電力に「しっかりと先が見通せる工程を示してほしい」と苦言を呈する三村知事

 三村知事は、原子力規制委員会による安全性の確認が大前提−とした上で、工事完了時期の延期について「国の(新規制基準への)適合性審査が長期化している現実的な状況などを踏まえたもの」との認識を示した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)