米軍三沢基地所属のF16戦闘機が青森県六ケ所村内の民有地に模擬弾を落下させた事故で、米軍は27日、掘削でできた穴に土を埋め戻す作業を始めた。28日に重機を現場へ運び、29日に土砂を搬入、埋め戻しを行う。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から