散った桜の花びらが水面に広がり「花筏」となった弘前公園の外堀=27日午後3時40分ごろ

 弘前公園(青森県弘前市)の弘前さくらまつりは7日目の27日、約16万人(まつり本部発表)が訪れた。外堀や中堀などでは、散った桜の花びらが水面に浮かぶ「花筏(はないかだ)」が見ごろを迎え、多くの来園者の目を引いている。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)