見ごろを迎えた芦野公園の桜のトンネルを縫うように津軽鉄道「走れメロス号」が走る(国土交通省、五所川原市の許可を得て上空からドローンで撮影)

 朝日に照らされ、桜がまぶしく輝く。27日午前8時すぎ、青森県五所川原市金木町の津軽鉄道芦野公園駅。見ごろを迎えた「桜のトンネル」に10人ほどの観光客がカメラを向けていた。およそ半分が外国人客だ。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)