戸沼副館長(右)から記念品を受け取る藤本さん

 青森市の県立美術館で開催中の企画展「シャガール−三次元の世界」(東奥日報社など4団体でつくる実行委員会主催)の入場者が27日午後、1万人を突破した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)