野菜や花の苗を購入する市民でにぎわった「春の大市」

 青森県平川市の柏木農業高校(遠藤剛校長)で26日、生徒たちが育てた野菜の苗や加工品を販売する「春の大市」が始まった。会場にはジャムやみそ、ジュース、米など40種類以上の生産品が並び、多くの来場者でにぎわった。27日まで。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)