応募総数1位の漢字「桜」を揮毫した森貫主

 弘前観桜会100周年を記念し、年の瀬の「今年の漢字」で知られる清水寺(京都)の森清範貫主が26日、弘前公園本丸で、漢字一字を揮毫(きごう)するシーンを再現した。多くの市民らが見守る中、最も応募数が多かった漢字「桜」を書き上げた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)