松丘保養園の敷地内にオープンした社会交流会館
昔の写真に見入る入所者ら

 青森市の国立ハンセン病療養所「松丘保養園」は26日、同園の歴史資料館の役割を担い、地域住民も気軽に集える「社会交流会館」を敷地内にオープンした。国の強制隔離政策により、差別に苦しんだ3千人超の入所者が生きた証しを残し、後世に伝える。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)