中堀をゆったりと進む和船から桜を堪能する来園者=26日午後1時50分ごろ

 今年100周年の弘前さくらまつりは6日目の26日、好天に恵まれ、約20万人(まつり本部発表)が会場の弘前公園を訪れた。まつり期間中の人出は21日の開幕から数えて計110万人、準まつり体制(18〜20日)を合わせると計118万人と、100万人の大台を突破した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)