日本原燃は25日、中部電力・浜岡原発(静岡県)から受け入れた低レベル放射性廃棄物ドラム缶1本に塗装のはがれや水滴の付着があったと発表した。原燃が放射能測定を行った結果、測定器で検出可能な数値を下回っており、外部環境への影響はないという。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)