日本高野連は25日、大阪市内で理事会を開き、今夏のU18(18歳以下)アジア選手権(9月3日開幕・宮崎)に出場する日本代表ヘッドコーチに、八学光星の仲井宗基監督を選任した。コーチは北海(北海道)の平川敦監督と、作新学院(栃木)の小針崇宏監督に決まった。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)