薬膳セミナーで主宰者の林淳子聘珍樓社長夫人(右から2人目)と、生産したスッポンの特長を語る甲地社長(右)=21日、東京都千代田区の溜池山王聘珍樓
東北すっぽんファームのスッポンとフカヒレ、シイタケを使った壺蒸しスープ

 青森県東北町の東北すっぽんファーム(本社東北町、甲地慎一社長)が東京都内の一流店の顧客を増やしている。中華料理の老舗「聘珍樓(へいちんろう)」(本社横浜市)の都内店などに加え、今年から銀座のスッポン料理専門店や料理ガイド・ミシュランの星を獲得した店などにも出荷が始まった。甲地社長は「温泉の源泉掛け流しで育てるスッポンの品質は最高の評価をもらっている。さらに営業に力を入れる」と意気込んでいる。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)