こぎん模様があしらわれたスパイク。側面の白いひし形はアンブロのデザインロゴ=デサントジャパン提供

 青森県は25日、2017年度にグリーンツーリズムを目的とした旅行で県内の農山漁村の民家に宿泊した延べ人数が6658人(前年度比469人増)に上り、2年連続で過去最高となったと発表した。東日本大震災後に減った修学旅行の受け入れ数が震災前の水準まで回復した上、台湾からの旅行者が大幅に増加したため。県は青森県ならではの体験旅行プランの開発などに取り組み、さらなる宿泊者増を目指すとしている。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)