設立総会後、会見する戸田六ケ所村長(左)ら各町村長ら=24日、東京都港区

 原子力分野の研究開発施設が立地する自治体でつくる原子力研究開発推進自治体協議会が24日、東京都内で設立総会を開き、発足した。構成自治体は青森県六ケ所村をはじめ、茨城県大洗町、同東海村、岡山県鏡野町の4町村。会長に就任した小谷隆亮(たかあき)・大洗町長はあいさつで、「原子力研究開発の必要性を、時々の世論に流されず、臆せず堂々と訴えたい」と述べた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)