24日午後、青森市の合浦公園では小雨の中でも、職場の同僚たちと花見を楽しむ人の姿が見られた。宴席では、セクハラに当たるような軽はずみな発言にはいっそう注意が必要だ

 「彼氏(彼女)いるの?」「結婚しないの?」−。青森県内は花見シーズン真っ盛り。職場の宴席や新入社員の歓迎会では、上司が部下にこんな質問をしている場面があるかも。このような何げない言葉でも、青森労働局の担当者は「セクハラに当たる可能性がある」と指摘する。財務次官による疑惑などで改めて注目を集めているセクハラ。その基準などについて専門家の話を聞いた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)