運転者が手を離した状態で進む自動操舵システムを搭載したトラクター

 青森県西北地域県民局、十三湖土地改良区などは24日、中泊町田茂木の農地で、ICT(情報通信技術)を活用した農業用機械の実演会を開いた。衛星利用測位システム(GPS)からの位置情報を基に自動操舵(そうだ)するトラクターが紹介され、参加者は試乗して実用性を確かめていた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)