リンゴ箱を家具に再生するプロジェクトを立ち上げた姥澤さん

 長年使われたリンゴ箱に新たな息吹を吹き込み、家具として再生する−。青森県板柳町で家具や雑貨の製造・販売などを行う「キープレイス」の姥澤大社長(47)は家具職人、建築家とともに「又幸−Matasachi−」プロジェクトを立ち上げた。収穫、出荷作業で記されたサインや年月を経た風合いを生かしつつ、頑丈なテーブルなどに作り替える試みだ。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)