22日に今季の営業を終え、来季以降の存続が白紙となっている青森県八戸市河原木のアイススケートリンク「田名部記念アリーナ」の今後の在り方を探るため、市、同アリーナを運営してきた県アイスホッケー連盟、施設所有者の田名部組(同市)の3者が23日、初めて一堂に会し会議を開いた。市内や市周辺で来季以降に行われる大会への影響や設備修繕費用の詳細などを調べ、存続の可否を含めて検討を続けていくことにした。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)