工夫を凝らしたメバル料理をPRする(左から)中畑会長、濱舘町長、ヒロ中田さん

 青森県中泊町は名産メバルをPRしようと6月17日、町役場で「中泊メバル料理グランプリ(GP)」を初めて開く。イベントで販売するメバルの創作料理10品が完成し23日、日本海漁火センターで試食会が開かれた。  メバルGPは、中泊メバル料理推進協議会(中畑哲也会長)と町などでつくる実行委員会が開く。カレーや丼、ラーメン、バーガーなど工夫を凝らしたメバル料理10品をいずれも500円で販売。来場者の採点でグランプリを決める。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)