春の出荷が始まりワカサギなどを競る仲買業者ら

 青森県東北町の小川原湖で23日、ワカサギ、シラウオの春の出荷が始まった。2月に発生した米軍三沢基地所属のF16戦闘機によるタンク投棄事故後、初めての出荷で、ワカサギの値段は例年並み、シラウオは例年を下回った。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)