ユネスコへの推薦を目指し、「頑張ろう」と拳を突き上げる参加者=23日、国会

 「北海道・北東北の縄文遺跡群」の2020年の世界文化遺産登録に向け、国連教育科学文化機関(ユネスコ)への本年度の推薦を目指す総決起大会が23日、国会内で開かれた。4道県の知事や国会議員、地方議員、民間の応援団体関係者ら約200人が参加し、国内推薦の実現に向けて一致団結して活動していくことを誓い合った。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)