約200年ぶりに化粧直しが施され、町内を一巡してお披露目された上野町会の権現様
病魔退散などを願って住民の頭をかんでいった権現様

 青森市南部の上野町会が病魔退散、安全祈願などを願う地域の守り神として長年大切にしてきた「権現様(獅子頭)」に初めて化粧直しを施した。22日、修復して初の「権現様回し」で町会を一巡りし、傷や汚れがすっかり取れた姿を住民に披露した。生まれ変わった地域の宝物に町会関係者は「感無量」「若い人に受け継いでいきたい」と頬を緩ませた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)