平山市長が出馬取りやめを報告した後援会役員、支援市議団の合同会議=21日午後2時ごろ

 任期満了に伴う青森県五所川原市長選は、現職平山誠敏氏(77)がいったん出馬を表明しながら、1カ月半後に撤回するという異例の事態となった。陣営は平山氏の長男敦士氏(44)をスピード擁立したものの、陣営幹部は「出遅れは明らか。緊急事態だ」と危機感を募らせている。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)