施設2階に整備を予定しているワイドスクリーン「湊ワイドスコープ」の予想図(市HPより)
旧八戸測候所の建物。来夏、「みなと体験学習施設」に生まれ変わる

 青森県八戸市が同市湊町の旧八戸測候所の建物と土地を利用し整備している「(仮称)みなと体験学習施設」が2019年7月にもオープンする見込みとなった。市公園緑地課によると、2階には湊地区や市内の四季の美しい映像を上映する大型ワイドスクリーンを設置するほか、バリアフリー化としてエレベーターを新設する計画。海に近い高台という立地条件を生かし、津波など災害時の防災機能を併設した学習施設とする。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)