田んぼアート第1会場のテーマ「ローマの休日」のイメージ画像=田舎館村むらおこし推進協提供

 26年目を迎える青森県田舎館村の名物企画「田んぼアート」の今年のテーマは、アメリカ映画「ローマの休日」と「手塚治虫キャラクター」に決まった。主催する同村むらおこし推進協議会が19日、発表した。不朽の名作映画と、マンガの神様が生んだ人気者たちの力を借り、2年ぶりの観覧者30万人台到達を目指す。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)