青森県六ケ所再処理工場などで発生した安全管理トラブルを受け改善活動に取り組んでいる日本原燃は17日、六ケ所村の同社で品質保証大会を開いた。工藤健二社長は「改善に終わりはなく、安全性向上に全社を挙げて取り組んでいく。安全、品質の向上は最大の経営課題」と述べ「安全最優先」の周知徹底を図った。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)