セカンドアルバムをPRする風西鶴の川浪さん(右)と工藤さん

 青森県五所川原市を中心に活動するオヤジバンド「風西鶴(ふうさいかく)」が立佞武多(たちねぷた)や芦野公園のサクラなど、地元を題材にした6曲を収録したセカンドアルバム「Dear my Hometown」を発売した。バンドマスターの川浪重治さん(59)は「この年になっても音楽を続けることができた。地域のためにちょっとでも何かできれば」と地元愛を語った。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)