青森操車場跡地へのアリーナ整備に向け、民間活力を導入する調査を行う考えを示す小野寺市長

 青森市が市民からの20億円の寄付を活用し、青森操車場跡地に体育施設(アリーナ)を整備する構想を巡り、小野寺晃彦市長は16日の記者会見で、施設整備に民間活力を導入する可能性を探るため、同日から「公募型プロポーザル」で事業者を募集すると発表した。施設の在り方や規模などを検討する有識者会議の市民委員についても、同日から公募することを明らかにした。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)