東奥日報文化財団(理事長・塩越隆雄東奥日報社会長)は、本県の文化活動の底辺拡大と活性化の一環として創設した「こどもの文化事業助成制度」の2020年度分として、7事業に助成金を贈ることを決めた。
同制度は、本県の次代を担う子どもたちの感性や創造性を育み、健やかな成長につながる文化的活動の支援を目的としている。
助成額は原則として1事業10万円程度または5万円で、会場使用料などに充てることができる。

 

◎令和2年度助成対象事業

事 業 名

申請団体

趣旨・目的

第1回県下囲碁
ジュニア王座戦・級位戦

日本棋院青森県本部

子どもたちの習熟の成果を確認する場として新設

60周年記念 親子で体験!
今日は一日狂言デー

和泉流狂言 青森万水会

親子で参加できる狂言ワークショップ

大間町中高生読み聞かせ
ボランティア育成事業

青い森学生読み聞かせ
団体ネットワーク

中高生の読み聞かせ活動の振興

おめめとおてて展2020

おめめとおてて展実行委員会

親子向け造形作品展示とワークショップ

第40回記念定期演奏会

青森ジュニアオーケストラ

年1回の定期演奏会の記念大会

まるごとキッズデイ

NPO法人
平川市文化協会

読み聞かせやダンス体験

ダルクローズリトミック
幼児公開レッスン

全日本リトミック
音楽教育研究会
青森支部

国立音大准教授が幼児に公開指導