アマビエのイラストが描かれた鶴田八幡宮の疫病退散朱印と祈年祭限定の朱印

 疫病の早期終息を願おうと、青森県鶴田町の鶴田八幡宮は15日、毎年恒例の祈年祭と合わせて新型コロナウイルス感染症「鎮静祈願祭」を執り行った。疫病を払うとされる妖怪アマビエをイラストとした朱印やお守りも用意し、参拝客らが早速、御朱印帳に押印してもらっていた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。