青森市の小野寺晃彦市長は13日の市危機対策本部会議で、同市で確認された新型コロナウイルスの感染者の周囲で「差別的行為があるとの報告を受けている」と述べた。「誹謗(ひぼう)中傷や差別的発言を決して行うことのないよう、市民の皆さまのご理解とご協力をお願いしたい」と訴えた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から