ホテル入り口に閉館を知らせる文書を張る従業員
14日の営業を最後に閉館することになった八戸シーガルビューホテル=10日午前10時ごろ

 青森県八戸市鮫町の「八戸シーガルビューホテル」を運営する「海(うみ)の樹(き)開発」は10日、14日の営業を最後に同ホテルを閉館すると明らかにした。施設の老朽化に加え、新型コロナウイルス感染者拡大の影響で需要が大きく減り、先行きを見通せなくなったことが要因となった。従業員32人は解雇し、再就職を支援する。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。