練習で走り込む巨人・坂本=川崎市のジャイアンツ球場

 巨人の坂本勇人内野手が10日、川崎市のジャイアンツ球場で非公開の練習に参加し、走り込んだ。左翼と右翼のポール間でダッシュを繰り返してランニングの強度を上げ、外野でノックも受けた。球団広報を通じて「センターにコンバートしようとしたが、今日の練習で外野手は断念します。諦めます」と冗談交じりにコメントした。

 通算2千安打まで残り116本としている。今季は公式戦開幕が大幅に遅れたため、東京(現ロッテ)の榎本喜八が持つ31歳7カ月の最年少記録を更新しての達成は難しくなったが「(開幕へ)いい準備をしていくだけ」と話していた通り、着実に調整を進めている。

(共同通信社)