新型コロナウイルスの感染拡大を受け、八戸三社大祭の山車組で組織する「はちのへ山車振興会」(小笠原修会長)は10日までに、今年の祭りで山車運行を見送る方針を決めた。主催する運営委員会に意向を伝える。運営委は、3神社や関係団体と協議し、17日に祭りの開催方法や開催の可否について判断する予定。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。