▲イワシじゃないけど…【カライワシ】(水産研究・教育機構東北区水産研究所八戸庁舎提供)
▲ぎょろ目 究極の美味?【オキメダイ】(水産研究・教育機構東北区水産研究所八戸庁舎提供)
▲小さくてもトガってる【クロモンガラ】(水産研究・教育機構東北区水産研究所八戸庁舎提供)
▲腹ぷっくり 背は青魚風【クマサカフグ】(水産研究・教育機構東北区水産研究所八戸庁舎提供)

 サバ、イカ、イワシなど多種多様な魚が運ばれてくる八戸港には、時に漁師も「なんだこれ」と首をひねる珍魚が水揚げされることがある。2019年度に八戸沖の定置網にかかった魚のうち、同市鮫町の水産研究・教育機構東北区水産研究所八戸庁舎に情報提供のあった珍しい魚たちを研究員に紹介してもらった。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。