桜田弘前市長(右端)に「DAITADESICAフロム青森」の13日開店について報告する佐藤代表(右から2人目)

 東京都世田谷区代田(だいた)で小田急電鉄(本社東京、星野晃司社長)が運営する複合施設「世田谷代田キャンパス」内に、コメ、リンゴなど高付加価値の県産品を販売する「DAITADESICA(ダイタデシカ)フロム青森」が13日、オープンする。県内14市町村の産品等152点でスタート、新型コロナウイルスが猛威を振るう中、当面は店舗スタッフによる宅配に力点を置き、青森県の“旬”を届ける。また「だいたんぼ」と銘打ち、同店会員用の田んぼを黒石市に用意し、希望者には米作りにも関わってもらう。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。