青森県は、東京電力福島第1原発事故を受けて実施していた県産牛肉の放射性物質検査を今年3月で終了した。これまで基準値を超える放射性物質が検出されたことはなく、適切な飼育管理の下で安全性が確保できていると判断した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)