新型コロナウイルスの終息を願って製作した「アマビエねぷた」

 青森県弘前市の観光施設・津軽藩ねぷた村(中村元彦理事長)は、疫病退散にご利益があるとされる妖怪「アマビエ」を金魚ねぷたで再現し、6日から販売している。新型コロナウイルスの感染が広がる中、終息を願う人々の注目を集め、初日だけで店頭の在庫はほぼ売り切れ。予約注文も300件以上集まった。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。