五所川原市から持ち帰りの料理を取りに来た成田さんに注文の品を手渡す猪股さん(左)

 新型コロナウイルス感染防止で外出自粛が続く中、厳しい経営環境にある飲食店を応援する「 #弘前エール飯 (めし)」プロジェクトが6日、始まった。同市鍛冶町のレストラン「ポワンルージュ」(猪股誠治代表)では同日夕、持ち帰り用料理をつくり対応。この日は事前に常連客から2件の注文が入り、予約が普段の8割減という状況だけに、猪股さんは「とてもありがたい」と感謝した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から