長尾教育長(右)にマスクを手渡す(左から)寺田会長、小田桐副会長、岩田分団長

 青森県五所川原市内の小学校が7日から再開予定となっていることを受け、五所川原地区婦人会の有志らが、マスクが手に入りにくくなっている児童の世帯を手助けしようと、新入学児童向けに手作りのマスク700枚を用意した。婦人会の代表らが6日、同市の長尾孝紀教育長にマスクを贈った。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)