志村けんさんが新型コロナウイルスによる肺炎のため死去したことを伝えるモニター=3月30日、東京・新橋

 新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなったタレント志村けんさん(70)の訃報が流れた後、ツイッター上で「怖」という感情を含む投稿(ツイート)が約3倍に急増したことが7日、東大大学院の鳥海不二夫准教授の分析で分かった。「志村さんの死は誰のどんな会見よりも大きな影響があった」と話している。

 中国で感染が拡大しつつあった1月16日から3月31日まで、日本語でつぶやかれた約2千万件の関連する投稿内容を「怖」「厭」「哀」「喜」など感情ごとに分類して調べた。鳥海准教授は「100万の統計データよりも有名人の死という一つの物語が人々の行動を変えることがある」と指摘した。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む