弘前大学医学部卒の秋田県・大館市立総合病院の20代男性研修医が新型コロナウイルスに感染していたことについて、男性研修医と共に欧州旅行をした研修医5人のうち、PCR検査結果が出ていなかった1人は陰性で、男性研修医以外は感染していなかったことが6日、分かった。弘前大学医学部の庄司聡事務長が東奥日報取材に応じた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)