「青森りんごランド」がタイに向け輸出したシャインマスカット

 農業・食品加工に取り組む「青森りんごランド」(青森県黒石市、津川登社長)は6日、自社農園で栽培した大粒ブドウ「シャインマスカット」を、タイに向け空路で試験的に輸出した。市によると、ブドウの輸出は県内で初めて。新型コロナウイルスの影響による減便などで当初の輸送計画に変更があったものの、8日にはタイに到着する予定。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。