新型コロナウイルス感染者が相次ぎ確認された青森県八戸市は、市内の感染症病床10床のうち8床が入院患者で埋まり、満床寸前となっている。さらに感染者が出た場合、市は八戸市立市民病院の一般病床を完全隔離して感染者の入院病床とする方針。また、症状がある人の治療を優先するため、軽症や症状がない人については国の指針を踏まえ、ホテルや自宅で療養できるよう関係者と今後協議を進める。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。