手作りマスクを広げ、小山田市長に説明する上村会長(右)

 青森県十和田市で女性騎手の流鏑馬(やぶさめ)大会を主催してきた「十和田桜流鏑馬観光連盟」の上村鮎子会長(49)らスタッフが3日、流鏑馬の衣装に使う布地などで作ったカラフルな手縫いマスク10枚を小山田久市長にプレゼント。「新型コロナウイルス問題への対応は大変でしょうが、このマスクを着けて、前向きな気持ちを失わないでください」と励ました。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。