ロゴマークが入ったのぼり旗やポスターでサガリ肉をPRする会員らと長尾市長(左から3人目)
平川サガリ研究会のロゴマークデザイン(同研究会提供)

 青森県平川市でよく食べられている内臓肉の一種「サガリ」を市外に広めようと昨年8月に結成した「平川サガリ研究会」のロゴマークのデザインが決まった。サガリ肉が徐々に焼け、色が変わっていく様子を円形に並んだ14枚の肉で表現した。焼くときに使う火ばさみもあしらわれている。今後、各種イベントなどで活用する。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から