新型コロナウイルス感染が3日に判明した20代男性研修医が勤務する八戸市の青森労災病院は、6日から10日まで新たな入院と一般外来患者の診療を休止する。休止期間中に職員の健康観察を続け、必要に応じて自宅待機やPCR検査をするなど安全対策を進める。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から