大型の映像表示装置が並ぶ「みーくる」2階。三沢市の観光情報などを発信する
【写真左】三沢大橋から撮影した十鉄・旧三沢駅舎=2019年3月9日【写真右】左の写真と同じ位置から撮影した、三沢大橋から見える十鉄・旧三沢駅舎のあった一帯。左奥が「みーくる」、手前がターミナル=2020年4月2日
解体される前の十鉄・旧三沢駅舎。1964年に建てられた=2019年3月9日
「みーくる」の外観。ガラス張りの外観が印象的だ=2020年4月2日

 青森県三沢市が市の陸の玄関口・三沢駅西口で進めてきた駅前広場整備事業で、「三沢駅前交流プラザみーくる」と交通ターミナルが3月末で完成、4日から利用が始まる。昭和の香り漂う十和田観光電鉄(十鉄)旧三沢駅舎のあった一帯は、現代的な空間に生まれ変わった。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。