「#弘前エール飯」について説明する秋元さん(右)と久保さん

 新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う外出自粛などの影響で、厳しい経営環境にさらされている飲食店を応援しようと、青森県弘前市の若手経営者有志が6日から「#弘前エール飯(めし)」プロジェクトを始動させる。市内各店舗のおいしい料理を家などに持ち帰ってもらう試みで、撮影した写真を会員制交流サイト(SNS)で拡散してもらい、消費拡大による飲食店支援につなげる。発起人らは「こんな状況だからこそ、何か行動を」と多くの市民の参加を呼びかけている。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から